Windowsエクスペリエンス インデックス

Toshiba Dynabook Satellite L47 266E/HD PSL472DEJMR1M の性能を比較する、良い基準がないかと考えていたら、windows7にWindowsエクスペリエンス インデックスというハードとソフトの構成を計測結果を表示することができるみたいので、測定結果を載せてみたいと思います。

Windows エクスペリエンスを表示するには。

  1. スタートボタンWindows7スタートボタン
  2. コントロールパネル

    Windows7 スタート メニューからコントロールパネルを選択

    Windows7 スタートメニューからコントロールパネルを選択する画面

  3. システムとセキュリティ

    Windows7のコントロールパネル画面から「システムとセキュリティ」の項目を選択画面

    Windows7のコントロールパネル画面から「システムとセキュリティ」の項目を選択

  4. 上から3番目の「システム」の項目から
    「Windowsエクスペリエンスインデックス」の確認をクリック

    Windows7 エクスペリエンスを選択する画面

    Windows7 エクスペリエンスを選択

の順にクリックすれば、表示されます。

そこで、自分のパソコンの結果は。

結果

Windowsエクスペリエンスの結果画面

Windows エクスペリエンスの結果画面

基本スコア3.9
グラフィックの項目が3.9なので、グラフィックが足を引っ張っている様子。

マイクロソフトの「Windows エクスペリエンス インデックス」を説明しているページを読む限りでは、自分的には良い方だと思います。まぁ、グラフィカルなゲームをするわけではないので、
特に、グラフィック性能が低くても、問題はないですね。

今度は、「CrystalDislMark」を使って、HDDの転送速度を計測してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です