メモリー増設後のエクスペリエンスインデックスを確認

Toshiba Dynabook Satellite L47 266E/HD PSL472DEJMR1Mにシー・エフ・デー販売 Elixir ノートPC用メモリ DDR3-1333(PC3-10600) SODIMM CL9 4GB2枚セット W3N1333Q-4Gを増設して、5日ほど経ちましたが、その後の感想を書いてみます。

やっぱり、8GBもメモリーがあると、複数のソフトを立ち上げても、切り替えなどがスムーズにできます。
エクスペリエンスで変化があると思い、再計測をしてみました。

メモリー増設後のエクスペリエンスインデックスの再測定結果

メモリー増設後のエクスペリエンスインデックスの再測定結果

前回と比べて変化のあった項目は
メモリー 5.9 →6.9
グラフィックス 3.9→4.4
ゲーム用グラフィック 5.2→5.3
メモリーとグラフィックの項目が、向上しました。
ただ、メモリーを増設で期待していたことに、起動時間の短縮があったのですが、以前とそれほどかわりなく、ちょっぴりがっかり。
まぁ、遅く感じる原因は、いろいろとスタートアップでソフトを起動しているからかもしれませんが。
やっぱり、SSDじゃないとこれ以上、起動時間は早くはならないのではと感じました。
今度は、SSDを購入して起動時間の短縮をしたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です