アスカ CF32Fを使ってTranscend 400倍速CFカード 64GB TS64GCF400の転送速度をCrystaldiskmarkで計測

ノートパソコンのバックアップ用等として、飛鳥のPCカードを利用したCFメモリーを使えるアダプタCF32Fを購入。

asuka_cf32f

自分が普段使っているノートパソコンはWindows7 64bitで32bitのOSでないと、CF32Fは使用できない。
そこで、もらい物の古いノートパソコンで計測。
型番はFMV-610NU2
CPU Mobile Celeron 1066MHz
メモリー 638MB
OS Windows XP sp3
【CF32F】CF32FはパソコンのPCカードスロットのサイズによって違うが、自分が持っているパソコンにはすっぽり収まり、でっぱりがないので普段利用の時でも邪魔にならなくていい。 ドライバーは飛鳥のHPからダウンロードができる。64bit OSには対応していないので、自分が普段使っているdynabookは利用できないです。Windows7でも32bitなら使えるようです。
cf32f_ts64gcf400

※現在は製造されていないようです。(2013年10月7日現在)

【パソコンに装着】

でっぱりがなくてスッキリしています。

cf32f_fmv_610NU2

【TS64GCF400】

Trasend 400倍速 64GB CFカード TS64GCF400

【結果】
cf32f_ts64gcf400_crystaldiskmark

転送速度は結構いい数字をだしている。
TS64GCF400は最大読み出し90MB/秒をだせるようだが。
CF32Fの性能からいって、満足のある数値。(パッケージには66MB/Sと表示)
古いノートパソコンのバックアップやデータのやりとりにはいい思います。
CFメモリーで600xとかもあるようですが、CF32Fでは性能を活かしきれそうもないです。これ以上だと、Expresscardのインターフェイスという選択になるのでしょう。Expresscard i/f搭載のノートパソコンがあれば、ぜひ試したいのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です