フレッツ光ネクスト隼をマルチセッションで接続したときの速度計測

【プロバイダーを変更】

so-netのHuawei Ascend mate7に契約した時期に、so-netの接続コース会員なら料金が割引があったので、プロバイダーもbiglobeからso-netに変更。

【マルチセッション】

NTTのルータにマルチセッションという複数のプロバイダーに接続できる機能がついているが、そのマルチセッションを使うと、速度が向上するのかと以前から気になっていたので、契約上、2箇所プロバイダーを契約している状態になっているので、せっかくだから試してみた。

マルチセッションで接続したプロバイダー接続確認画面

マルチセッションで接続したプロバイダー接続確認画面

【下りの結果】

計測方法はBNRスピードテストを使って計測

接続先 NTTPC
(WebARENA)1
NTTPC
(WebARENA)2
推定転送速度
biglobe 71.10Mbps(8.89MB/sec) 65.96Mbps(8.25MB/sec) 71.10Mbps(8.89MB/sec)
biglobe
+so-net
70.76Mbps(8.85MB/sec) 71.51Mbps(8.94MB/sec) 71.51Mbps(8.94MB/sec)
so-net 49.50Mbps(6.19MB/sec) 75.12Mbps(9.39MB/sec) 75.12Mbps(9.36MB/sec)

【上りの結果】

 

接続先がbiglobeでの上りの計測結果

接続先がbiglobeでの上りの計測結果

接続先biglobeとso-netでの上りの計測結果

接続先biglobeとso-netでの上りの計測結果

so-netでの計測結果を測定し忘れていたので、急遽計測

接続先sonetでの計測結果

接続先sonetでの計測結果

接続先 上り結果
biglobe 35.87Mbps<4.48MB/sec)
biglobe
+so-net
32.00Mbsp(4.00MB/sec)
so-net  29.52Mbps(3.69MB/sec)

【総評】

計測の結果、ほとんどどの接続先でも差がないことがわかった。

フレッツ光のページ(PPPoEマルチセッションについて)をみても速度が早くなるという解説はないので、速度が早くなるということはないようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です