Huawei Ascend Mate7 のレビュー

【使用して一ヶ月】

2015年4月現在。

So-netモバイルLTE+Talk LプランでHuawei Ascend Mate7を使用して一ヶ月たったので、レビューを書いてみようと思う。

【NILLKIN】Huawei Ascend Mate 7 専用 高品質 超薄型スリムケース最軽量(ブラック)を装着

Huawei Ascend Mate 7 

【デザイン】

6インチでサイズは大きいほうだが、厚みがなく思ったより持ちやすい。

ただ、手のサイズによっては、片手での操作がしずらい。

【携帯性】

ワイシャツのポケットにギリギリ入るサイズ。ただ入れていると見た目はよくないと思う。

その点からみると、やはりサイズが若干大きいのかも。バックを持ち歩かない人には、持ち運びに不便を感じるサイズ。

【ボタン操作】

ボタンは電源と音量ボタンのみでホームボタンない。

電源ボタンはもった時に、押しやすい部分にあるので、チェックをしてはすぐに画面を押すことができていいと思う。ただ、スクリーンショットは、音量ボタンがすごく近くにあるので、押しにくいです。

【文字変換】

スペックが高い分、文字変換にイライラしたことがないです。

【レスポンス】

さすが、8コアサクサク動きます。このスマホのうりです。

アプリが使うのが楽しくなるぐらいの早さです。

快適です!!

【メニュー】

特にこだわりはないが、動作が軽いので問題ないです。

【画面表示】

比較対象が、HTC 13HTでしかないので参考にはならないかもしれないが。

ホーム画面を見る分には画像のきれいさはわからない、しかし、写真や動画をみたら画像のよさを感じる。

【通話品質】

特に普通だと思います。

【呼び出し音】

特に普通だと思います。

【バッテリー】

このスマホのもう一つの売りである大容量バッテリーなので、持ちはすごくいいです。

特に頻繁につかわなければ、2日は余裕に持ちそう。

【総評】

このスマホにかえて一番よかった点は、8コアによるレスポンスのよさですね。

動作が軽く、スマホというアイテムを最大限生かせそうです。

あと、思ったよりよかった点は、大容量バッテリーです。

まだまだ新しいということもあるが、バッテリー持ちのよさは予想以上でした。

サイズが大きい点は、文字が打ちやすいというメリットと、携帯性が悪くなるというデメリットもあるが、自分的には文字が打ちやすいので、文字入力する機会が増えた。

サイズを気にせず、レスポンス重視の人なら、お勧めのスマホです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です