Dell Precision T5400にホコリ対策として、フィルターを貼ったその後の温度計測

【フィルターを貼ってから半年】

Dell Precision T5400にホコリ対策として、フィルターを貼ってから半年が過ぎた。

フィルターもだいぶ汚れてきており、そろそろ張り替えようと思う。

張り替えるついでに、張り替えの前後の温度計測をしてみようと思う。

以前の記事はこちらから、Dell Precision T5400にホコリ対策として、フィルターを貼る

【半年後のフィルターの状況】

Dell Precision T5400の半年過ぎたフィルターの状況写真

Dell Precision T5400の半年過ぎたフィルターの状況写真

写真ではよくわからいとは思うが、ホコリがだいぶたまっている。

この状態での、温度を計測してみる。

【温度計測の環境】

外気温度
22度

使用ソフト
CPUSTRES
opnehardwaremonitor-v0.6.0-bate

ハード構成
dell Precision T5400
CPU Xeon E5430 2.66GHz

使用アイテム
100円ショップの両面テープ
下のフィルターをamazonで購入。

東洋アルミエコープロダクツ トイレやお風呂のホコリとりフィルター徳用5枚入

東洋アルミエコープロダクツ トイレやお風呂のホコリとりフィルター徳用5枚入

楽天 amazon

 

CPUSTRESを以下の設定で使用して、opnehardwaremonitorで温度を計測する。

CPUSTRESS 計測設定

CPUSTRESS 計測設定

【交換前の温度計測結果】

フィルタ使用半年後の温度計測結果

フィルタ使用半年後の温度計測結果

【空気取り入れ口の状態】

フィルター使用半年後の空気取り入れの状態

フィルター使用半年後の空気取り入れの状態

ほとんどホコリが詰まっていなくていい状態。フィルターがホコリよけとして機能していたのがよくわかる。

【新しいフィルターを貼る】

新しいフィルター

新しいフィルター

今回も2枚貼っています。

【交換後の温度計測結果】

フィルター交換後の温度計測結果

フィルター交換後の温度計測結果

【温度計測のまとめ】

まず、以前の計測結果を見てみる。

この時の室内温度は13度。

\ 負荷無し 負荷有り
フィルター無し 44度 60度
フィルター有り 51度 66度
フィルター2枚重ね 51度 72度

使用後の交換前と交換後の負荷有りでの計測結果。

外気温 22度

交換前 (負荷あり) 交換後 (負荷あり)
フィルター2枚重ね 85度 82度

【温度結果の評価】

外気温がおよそ10度ぐらい上であるため、それに伴って以前のフィルター2枚重ねでの負荷あり状態より外気温と同じだけの温度差で結果を出している。

交換前と交換後の温度差が+3度であると、3度の温度差をどう捕らえるかによるが、フィルターが汚れた状態でも極端な温度の上昇は防げると判断してもよさそうだ。

フィルターを貼ってあった状態での空気の取り込み口は、ホコリなどでつまってはなく、いい状態だったのでフィルターの効果は十分機能していた。フィルターを貼らずに使用していれば、当然ホコリまみれになっていたはずだろうから、+3度の温度上昇していたとしても、自分としてはフィルターを貼って正解。あとは、この後気温がさらに上昇するので気をつけたほうがいいようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です