Dell Precision T5400にTransend TS128GSSD340を搭載して、Crystaldiskmarkで転送速度を計測する。

【Dell Presicion T5400】

T5400にTransend TS128GSSD340と搭載したのは、かなり前のことだが、参考程度に掲載しておく。

T5400はSATA3.0までしか対応していないが、Transend TS128GSSD340はSATA6.0対応なので、最大限速度は利用できないが、HDDよりも速度は期待できるので、搭載してみようと思う。

Transcend_TS128GSSD340の正面

Transcend_TS128GSSD340の正面

【変換マウンタを使用する】

今回は、HDDの搭載までの方法は省略して結果のみ書いておく。

Transend TS128GSSD340はサイズが2.5インチなので、T5400は2.5インチドライブベイがないので、変換マウンタをつかって搭載する。(たいがいssdは2.5インチ^^;)

Transend TS128GSSD340を変換マウンタに載せたところ

Transend TS128GSSD340を変換マウンタに載せたところ

【ついでにメモリも増設】

ついでなのでメインメモリーも増設しました。

T5400はメインメモリーのスロットが8つついているので。

現在ついている1GB×4に4GB×4の16GBを追加して20GBにする。

【計測環境】

Xeon E5430 2.66GHz
memory 20GB
NVIDIA Quadro FX 4600

【計測結果】

計測結果は以下のようになりました。

t5400にTransend TS128GSSD340と搭載して、Crytaldiskmarkでの計測結果

t5400にTransend TS128GSSD340と搭載して、Crytaldiskmarkでの計測結果

結果は、読み込み書き込みとともに速い。

windowsの起動時間も以前の約半分ぐらいになった。

SATA6.0での接続はできないが、十分満足できる結果となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です